『カワサキULTRA300LX』をPWC故障診断システム【スキャンシー】に接続してみました。
2016-08-25 20.26.08

今回は、スキャンシーによる診断の表示画面を紹介します。

スキャンシーとウルトラを専用コネクターケーブルで接続し診断する艇の【メーカーとモデルを選択】。
IMG_4874

ウルトラ用診断画面が立ち上がり、A~Fの診断メニューが表示されます。
IMG_4871

A.【Connect with ECM】 ウルトラのECU(エンジンコントロールモジュール)のデータの読み込み。
基本情報

B.【Actuators】燃料ポンプ、インジェクター、イグニッション、各センサーの動作確認。
IMG_4863

C.【Diagnostic】故障個所の診断
IMG_4864

D.【Live Date】エンジン始動時のデータの読み込み。
IMG_4870

E.【Faults Info】ECMに記録されたエラー情報を表示。
IMG_4861

F.【Keys】イモビキーの追加登録作業
オプション『キープログラミングシステム KAWASAKI用』にてイモビキー追加登録が可能に。
SWS-KPSK_g

世界初のPWCマルチブランド故障診断・キー登録システムでサービス業務の幅が広がり正規店と同等のサービスが提供可能に!
PWC故障診断システム【スキャンシー】にご興味のある、
PWC販売店様、修理業者様はお気軽にお問い合わせください。

お問合せはコチラ⇒お問合せフォーム

スキャンワールドシステム 日本総輸入元 RESUCO